「バンダバーグ ジンジャービア」は甘いけどスカッと爽快にリフレッシュできるノンアルコールビール!

 

日本ではビールなんてコンビニやスーパー、はたまた自動販売機だってあるしどこでも買えるイメージがありますよね。

ここオーストラリアではアルコール飲料を購入できるのはボトルショップのみと決まっています。

しかし、このバンダバーグ ジンジャービアだけはスーパーやコンビニなどどこにでも売っていることには驚きました。

バンダバーグというのは地名で、クイーンズランド州の州都ブリスベンより約400Kmほど北上したところにある比較的小さな街です。

中でも名産のサトウキビで醸造されるラム酒Bundaberg Rumはオーストラリアでは知らない人はいないくらい有名です。

そしてもう一つの名産の生姜を原料として作られるこのジンジャービアも有名なのです。

今回はそんなどこでも気軽に購入できるバンダバーグ ジンジャービアを買ってみました。

スポンサーリンク

ビール詳細

BUNDABERG : GINGER BEER(バンダバーグ : ジンジャービア)

ラベルはちょっと歴史を感じるクラシカルなデザインですね。

ラベル下に見えるカンガルーのマークがオーストラリアの製品であることの証です。

ラベル裏面に書かれていましたが、伝統的製法で醸造し生姜本来の自然な味わいを引き出しているそうです。

ボトルの形状も寸胴なタイプで容量もたっぷりの375mlタイプです。グラスに張り付く炭酸の泡が炭酸感高めなのを物語っていますね。

産地

クイーンズランド州 バンダバーグ

ビール種別

ジンジャービール

アルコール度数

0%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

開栓すると生姜の香りが立ちこめます

泡立ち

泡立ちはありません

実際に微少な生姜のかけらが見え、濁りのあるレモネードみたいな色です。

テイスト

一口口に含むとピリッと生姜のスパイシーな香りが鼻腔に広がり、舌の上には辛味がほとばしります。

非常に甘い炭酸ジュースですが、その飲み口はその辺のジュースに比べるとリッチでコクのある味わいです。

おわりに

美味しいのですが後味がとても甘いです

しかし、一口飲んだ時の炭酸感がたまりません。

もうおわかりのとおりアルコールを含んでいないためボトルショップ以外でも簡単に購入できるのです。

なので気分転換したいときや、リフレッシュしたいときなどいつでも気軽に飲めます。

参考バンダバーグオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

SOUR/GOSE/OTHERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント

  1. 柳 尚道 より:

    コメント失礼致します。
    こちらのバンダバーグ ジンジャービアを購入したいのですが日本国内で購入する場所はありますでしょうか??
    無知で申し訳ございませんがご教示いただきたいです。何卒、宜しくお願い致します。

    • Garbo エンジョイ★ビアーズ より:

      コメントありがとうございます。

      当方日本に住んでいないので残念ながらどこかの店舗で売っているかなどの情報は全くわかりません。
      アマゾン、楽天で販売されているのを見かけましたが値段が信じられないくらい高いことになっています。。。

      力になれなくてすみません。