「クーパーズブリュワリー ダークエール」は浅煎りモルトとホップの苦味がウマいビール!

 

今回はクーパーズブリュワリー ダークエールを買ってみました。

「クーパーズブリュワリー ダークエール」はローストされたチョコレートモルトを使用し、クーパーズブランドを代表するビールの一つでもあります。

もちろんこのダークエールもクーパーズブリュワリーのオリジナル製法で醸造されたビールです。

赤ラベルで代表される通常のエールとブラックモルトを使用したスタウトの中間的な立場に位置します。

そして当然添加物などを一切使用しておらず、クーパーズブリュワリーの代名詞でもある「」もきちんと入っています。

初代クーパー氏に敬意を表した「クーパーズ トーマスクーパーズセレクション」はモルトの香りと苦味の効いたビール
1862年5月13日、トーマス クーパーズは最初のビールを醸造しました。 そしてトーマスの次の世代、さらにその次の世代と何代にも渡ってこの素晴らしい醸造技術を追求し続け、クーパーズビールを飲む人たちから認めてもらうよう努力してきました。 このエ...

COOPERS BREWERY DARK ALE(クーパーズ ダークエール)

ラベルは・・・いうまでもなく同じで色がブラウンカラー、スタビーも他のビールと同じで375mlです。

もちろんsecondary fermentation(二次発酵)させるために生きた酵母を一緒に瓶詰めしてあります。

ビールびんを横倒しにしてコロコロと転がしてからグラスに注ぐと黒い液体の中にフワフワと浮かぶ「」が確認できます。

産地

南オーストラリア州 アデレード

ビール種別

ダークエール

アルコール度数

4.5% フルストレングス

IBU

21

テイスティングノート

香り

浅煎りされたモルトと軽やかなホップの香り

泡立ち

グラスに注ぐと泡は立ちますがしばらくすると消えます

濁ったマディーなダークブラウンカラー

テイスト

鼻に抜けるモルトの香り、ボディもしっかりしており苦味とある程度の炭酸感も舌で感じることができます。またアフターテイストにかすかなコーヒーの香りと甘みが残ります。

おわりに

さすがクーパーズだなと思わせるダークエール。

キンキンに冷やしてガブ飲みするタイプのビールではなく、涼しい夕方ぬるめに冷やして浅煎りモルトとホップの苦味をじっくりと味わって飲みたいビールです。

参考クーパーズブリュワリーオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

コメント