ホップとモルトのバランスが取れた「ダッド&デイブ ズブリューイング #1ペール」だけどちょっとパンチ力不足

 

今回はエンジョイ★ビアーズ初登場のブリュワリーのビール、ダッド&デイブ ズブリューイング #1ペールです。

 

ブリュワリーは2011年にある一つの家族が立ち上げ、Dad(John)、Mum、Dave、Jess、Scott、そしてJamesの6人で経営しているとのこと。

ブリュワリー名から想像するに父であるJohnとDaveが中心になっているのでしょうね。

 

このビールには100%オーストラリアのペールモルトとそのシーズンのホップを使用しているとのこと。

私がオーストラリアに18年住んで感じるのが、オーストラリア人は本当にオーストラリアの「モノ」だったり「人」だったり「事」を他国より誇りに思っています。

 

そんなオーストラリア人がオーストラリアの原料を使って醸造したビール、一体どんな味わいなのでしょうか。

DAD & DAVE’S BREWING PALE ALE(ダッド&デイブ ズブリューイング ペールエール)

Dad & Dave’sというブリュワリー名の通り、ラベルには二人のおっさんの絵柄が描かれているラベル。

どっちがDadでどっちがDaveなんでしょうかね 笑

ブリュワリー所在地

ニューサウスウェールズ州 ブルックヴェール

ビール種別

ペールエール

アルコール度数

4.6%

IBU

25

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとピーチ、メロンのような香りを感じます。

グラスに注ぐとプルタブを開けた時の香りに加え、ハチミツのような甘い香りも感じます。

そしてビールを一旦口に含むとやはりグラスに注いだ時のハチミツのような甘い香りが鼻腔に抜けます。

泡立ち

泡立ちは微か、そしてすぐに消えて無くなります。

かなり濁りのある明るいハチミツ色

テイスト

ハチミツの甘い香りを感じた後にモルトの甘い味わいがジンワリと広がります。

そして、その甘さと入れ替わるようにホップの軽い苦味が舌の上に広がり、後味にそのまま残ります。

そして酸味も微かに感じ取れます。

カーボネーションはかなり低め、全く舌に何も感じないほどです。

おわりに

ウェブにもあるようにモルトとホップのバランスが取れていますが、ホップヘッズにはもうちょっとパンチが欲しいところ。

あっ、でも、そんなパンチのあるビールだったらIPAになっちゃいますね 笑

>>>「ダッド&デイブ ズブリューイング ペール」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント