「デイントン ザ アソシエイツ」トロピカルでジューシーなホップの旨味がギュッと詰まったNEIPA!

デイントン ブリュワリーのビールが続きます。

今回はザ アソシエイツ ダブルNEIPAというビールです。

DAINTON BREWERY : THE ASSOCIATES DOUBLE NEIPA(デイントン ブリュワリー : ザ アソシエイツ ダブルNEIPA)

ラベルはスーパーカーに腰掛ける男性とその横で携帯を手にしている男性二人が描かれているデザイン画。

あと私の世代で懐かしいポケベルみたいなものも描かれていますね。

ぜひ、Instagramで動画をチェックしてみてください。

おっと、よく調べたらCo-Conspirators Brewingというの共謀(コラボ)して作ったビールのようです。

ブリュワリー所在地

560 Frankston – Dandenong Rd, Carrum Downs VIC 3201

ビール種別

NEIPA/HAZY IPA

アルコール度数

355ml、8.0%、2.2スタンダードドリンクス

IBU

35

製造日

パッケージ日:2021年11月6日、Best Before:2022年8月6日

テイスティングノート

香り

グレープフルーツジュースのような柑橘の香りが強く漂います。またピーチ、ネクタリのような香りも微かに。

泡立ち

かなり粗めの泡が2cmくらい立ち上がりましたが、程なくして消えていきました。

かなり濁りのあるオレンジ

テイスト

これも旨し!ジューシーとトロピカルなホップの旨味が舌の上をほとばしります。

またジューシーなホップの苦味の中にほんのりとスパイシーさも感じます。これはアルコール度数が高いから感じるのかもしれません。

ですが、アルコール度数が高いからと言ってアルコール臭をガッツリ感じるかというと、そこは上手い具合に隠れた仕上がり。

後味にはそのスパイシーな苦味が残ります。

かなり弱めの炭酸感で滑らかな舌触り、でもフルボディでガツンきます。

おわりに

スノーグローブに比べるとちょっとヘビーさを感じますが、やっぱりHAZY、それを差し引いても美味いビールでした。

>>>「デイントン アソシエイツ」に似たビール

 

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

NEIPA/HAZY IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント