「デイントン スノーグローブ」ジューシーでトロピカル、クリスマスにぴったりなビールに間違いなし!

今回はクリスマスにぴったりのビール(ラベル 笑)を見つけました!

デイントン ブリュワリー スノーグローブ ホワイト クリスマス エールというビールです。

2021年のクリスマスももうすぐそこ、早速飲んでクリスマス気分に浸りたいと思います。

ビール詳細

DAINTON BREWERY : SNOWGLOBE WHITE CHRISTMAS ALE(デイントン ブリュワリー:スノーグローブ ホワイト クリスマス エール)

ラベル全体のデザインはデジタルチックなタッチで描かれています。

ブリュワリーロゴの「D」のところにクリスマスツリー、そしてその両サイドにトナカイが描かれていますが、そのうちの一頭だけ鼻の赤いトナカイです。

写真ではわかりにくいのでInstagramの動画を見ながらその鼻の赤いトナカイを探してみてくださいね!

ブリュワリー所在地

560 Frankston – Dandenong Rd, Carrum Downs VIC 3201

ビール種別

NEIPA/HAZY IPA

アルコール度数

355ml、6.0%、1.7スタンダードドリンクス

IBU

25

製造日

パック詰:2021年10月7日、Best Before:2022年7月7日

テイスティングノート

香り

グレープフルーツのような柑橘の香り、ライチやパイナップルのようなフルーティな香りも感じます。

泡立ち

フワフワの泡が2cmほど立ち上がりました。

かなり濁りのあるイエロー

テイスト

これは美味い!まずジューシーで青々しいホップの旨味がジュワーっと口中に広がります。

デイントンのビールたちはちょっと甘味が強い印象がありますが、このビールはその甘さからするとちょっと控えめ。(私はそれくらいでちょうど良いと感じますが)

ホップの苦味は円やかに抑えられた印象で青々しい大地の香りも含んでいて、これぞHAZY(NEIPA)といった味わい。

後味には苦味は先に引いていき最後まで残るのはその控えめな甘さ。

キメの細やかな微炭酸の泡で口当たり滑らか、ミディアムボディ。

おわりに

いやー、これは美味い!

デイントンのビールなのでやっぱり甘いのかなーと思っていましたが、予想を覆して甘さ控えめ、かなり私好みのHAZYに仕上がっていました。

もうクリスマスもすぐそこ、せっかくなのでデイントンのビールを飲んで乾杯してください!

>>>「デイントン スノーグローブ」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

NEIPA/HAZY IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント