「フェラル シューターズ」スッキリした甘さでかなり口当たり滑らかなNEIPA!

前回の記事でお伝えしたように、今回はフェラル ブリューイングの2本目のビール、シューターズ ジューシー IPAです。

このビール、2018年GABS用にリリースされて一度製造を終えるもののその人気の高さゆえ2021年の今年再リリースに至っています。

さて、どんな味わいなのか楽しみでなりません!

スポンサーリンク

ビール詳細

FERAL BREWING CO. : SHOOTER’S JUICY IPA(フェラル ブリューイング : シューターズ ジューシー IPA)

宮崎駿氏の「紅の豚」なのでしょうか、ハンチングハットを被ったブタがゴルフをしている絵柄のラベル。

サイドにはビールの原料として使われたオーストラリアの朝食には欠かせないシリアルパックも描かれています。

缶の全体像はInstagramのショートムービーを見ていただくと一目瞭然、是非!

ブリュワリー所在地

152 Haddrill Rd, Baskerville WA 6056

ビール種別

NEIPA/HAZY IPA

アルコール度数

375ml、7%、2.1スタンダードドリンクス

IBU

 

製造日等

Best Before:2022年2月

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとパッションフルーツ、ピーチのような甘い香り。

ビールをグラスに注ぐと松っぽい香りが微かに。

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りはハチミツのような甘い香りと松の香り。

泡立ち

フワフワの泡が2cmほど。

かなり濁りのあるオレンジ

テイスト

最初の一口で甘さがあるように感じましたが甘ったるくはなく、ホップのジューシーな苦味もしっかりとあるためバランスよく整った味わい。

その甘さはオーストラリアではお馴染みの朝食用シリアルを使用したからなのかスッキリ感のある甘さ。

後味には苦味が少し勝って残る感じ。

泡立ちは良かったのにかなりの微炭酸で口当たりかなり滑らか。

おわりに

ビールに限らず良い商品には必ずファンがつくものですね。

みんなが熱望したおかけげ私も美味しいビールが飲めたというわけです。

>>>「フェラル ブリューイング シューターズ ジューシー IPA」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント