「フォグホーン ヤング アメリカン IPA」ガツンとくる苦味でオーソドックスな味わいのIPA!

フォグホーン ブリュワリー2本目のビール、今回は私の好きなビールタイプでもあるヤング アメリカン IPAです。

さて、いったいどんな味わいなのでしょうか。早速飲んでみましょう。

ビール詳細

FOGHORN BREWERY : YOUNG AMERICAN IPA(フォグホーン ブリュワリー: ヤング アメリカン IPA)

前回の記事Newy Pale Aleは淡いブルーの缶でしたが、こちらIPAは鮮やかなレッドとなっています。

ロゴマークは変わらずです。

ブリュワリー所在地

Newcastle : 218 King St, Newcastle NSW 2300

Hunter Vally : 9 Fleming St, Nulkaba NSW 2325

ビール種別

IPA

アルコール度数

375ml、6.8%、2.0スタンダードドリンクス

IBU

製造日

パッケージ日:2022年6月27日

Best Before:2023年6月27日

飲んだ日:2023年3月14日

テイスティングノート

香り

グレープフルーツのような柑橘の香り、ネクタリン、パイナップル、ピーチ、グァバのようなフルーティな香り、松脂のような風味も。

泡立ち

クリーミーな泡が2cmほど立ち上がりました。

若干濁りのあるオレンジコッパーカラー。

テイスト

トフィーのような甘さを感じさせ、若干ヘビーさを感じさせるモルティな味わいが最初に広がります。

そしてそのモルティさに負けないくらいガツンとくるホップの苦味がその場を取って代わるように口中に広がります。

後味には甘味ももちろんですがやはりそのホップの苦味が残り続けます。

この一連の味の変化の中でもホップの樹脂のような風味だったり松脂のような風味だったりが折り重なっています。

きめの細やかなバブル感でベルベットのような舌触り。ミディアム-フルなボディ。

全体的にモルトの甘味とホップの苦味のバランスを上手く仕上げてきている味わいです。

おわりに

これは私がこのブログを最初始めた頃に飲んだIPAの味わいを彷彿とさせるかのような、モルティでかつガツンとくるホップの苦味が美味いビールでした。

>>>「フォグホーン ヤング アメリカン IPA」に似たビール

 

>>>「フォグホーン ブリュワリー」の他のビール記事を見たい方はこちら↓↓↓

たくさんのクラフトビールを紹介していくためにサポートお願いします!

Buy Me a Coffee

IPA
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ