「ジェームズスクワイア ホップシィーフ No.8 アメリカンペールエール」は苦味がきいていてスパイシーなビール!

 

アメリカ、ニュージーランド、そしてオーストラリアのビール業界に携わって30年以上も活躍してきたDr.Charles Hahn(チャールズ ハーン博士)が作ったジェームズスクワイアシリーズ。

あるボトルショップの店頭にてジェームズスクワイアの他のビールに混じってボトルネックのラベルが一つだけ違うビールを発見したので早速購入してみました。

このビール、ジェームズスクワイア ホップシィーフ アメリカンペールエールというビール。

ボトルネック部分のラベルが通常のショベルがクロスしているものではなく、「ホップに8」が付いているラベルでした。

ウェブでよくよく調べたら、すでにHop Thief No.9がリリースされておりNo.8はすでに過去のビールに部類されています(2018年5月現在)

その名の通り「ジェームズスクワイア ザ スウィンドラー トロピカルペール」は香りから味わいまでトロピカルなビール!
ジェームススクワイアのビールを買いにボトルショップへ行くと実に多くの種類が冷蔵庫の棚に並んでいるのを目にします。 そしてウェブサイトをみていても同じ。 一年中を通して製造販売されているビールから過去に販売されたビール、期間限定で製造販売されてい...
アルコール度数低めにも関わらず「ジェームズスクワイア ミッドリバー ペールエール」はリッチな飲み口のビール!
モルトショベルブリュワリーで醸造されるジェームス スクワイアブランド。 よくよくウェブサイトを見てみるとかなりの種類のビールがあって正直どのビールを買ってみようかと迷ってしまいます。 今回はそんなジェームススクワイアの中でもミッドリバーペールエ...
スポンサーリンク

ビール詳細

JAMES SQUIRE HOP THIEF NO.8 AMERICAN PALE ALE(ジェームズスクワイア ホップシィーフ アメリカンペールエール)

ホップシィーフNo.8には以下のようなストーリーがあります。

ジェームズスクワイアはどんな手段を用いてでもいつも風味豊かなビール(エール)のために最高のホップを調達する方法を見つけてきました。そして時にはそれが痛烈な非難の的になる成り行きになったり、またある時は多大な報酬を得る結果となったりしたのです。しかし、彼にとってそんなことはいつも美味いビールを飲みながらの語り草になっていたわけです。

ホップはCrystalとCascadeの2種類。

モルトはPale、Munich、Malted Wheatの3種類を使用。

産地

ニューサウスウェールズ州 シドニー キャンパーダウン

ビール種別

アメリカンペールエール

アルコール度数 

5.0% フルストレングス

IBU

35

テイスティングノート

香り

かすかなシトラス系のフルーティな香りが漂います

泡立ち

泡立ちもよくクリーミーでフワフワです。

ダークアンバーカラー

テイスト

飲みはじめ香りはそこまで強くありません。

飲み進めると舌にピリッとくるスパイシーな感じがたまりません。

後味にはホップの苦味が心地よく残り余韻を味わえます。

おわりに

ニガ美味い!

苦味の効いてスパイシーなビールを好きな人にはオススメなビールです。

すでに過去のビールに分類されているのが残念でなりません。

せめて名前を変えてでもYear Round(一年中飲める)ビールに加えてほしいものです。

参考ジェームズスクワイアのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

コメント