「ジェームズスクワイア ジャックオブスペード ポーター」はローストされた麦の旨味と苦味が味わえるビール!

 

黒ビールをラインナップにしているクラフトビールのブリュワリーはそこまで多くありません。

今回はジェームススクワイア ジャックオブスペード ポーターを買ってみました。

世界的に有名な黒ビールというと「ギネスビール」ですよね。

しかしギネスビールは「スタウト」というビール。

そこで「ポーター」と「スタウト」がどう違うのか調べてみました。

ウィキペディアによると下記のようにありました。

ポーターは18世紀に開発されたビールで、焙煎した茶色麦芽を用いた点が特徴で、焦がした麦芽と芳香のホップの苦さが味わえる。

ポーターの中でもアルコール度数の高いものは「スタウト・ポーター」と呼ばれたが、その後「スタウト」と呼ばれるようになった。

ギネス社の「エクストラ・スタウト」は1840年までは「エクストラ・スペリオール・ポーター」と呼ばれていたものである。

「ポーター」という名称は、テムズ河でロンドン市内まで運ばれた物品を市内各所に配送していた人々(ポーター)が好んで呑んだ事からきている。

ということは、ポーターがスタウトの原型でもあるわけですね。

JAMES SQUIRE : JACK OF SPADES PORTER(ジェームズスクワイア : ジャックオブスペード ポーター)

このジャックオブスペード、とてもユニークで通常のスタウトより繊細で複雑な味わい。

ローストしたオオムギと時間をかけての熟成が深く暗い黒色を、チョコレートとコーヒーのようなそれでいて軽いクリーミーな仕上がりになっているそうです。

ラベルはジェームススクワイアお決まりのデザインで絵柄がスペードにショベルが交差しているものです。また、黒ビールを意識してか白黒で統一されています。

産地

ニューサウスウェールズ州 シドニー キャンパーダウン

ビール種別

ポーター

アルコール度数 

5.0% フルストレングス

IBU

25

テイスティングノート

香り 

ローストされた麦の香りが立ち込めます

泡立ち

ブラウンがかった色の泡立ちできめ細かくクリーミーです。

透かして見るとダークルビーカラーなのがわかります。

テイスト

ローストされた麦の香りが心地よく鼻に抜けます。

炭酸がちょうどよくそして舌の上にコーヒーのような苦味が広がります。

後味にチョコレートのような味わいとカラメルのような甘みが残ります。

おわりに

これは美味い!

ローストされた麦の旨味がじんわりと広がります。

グラスに注いでじっくりと味わいたいビールです。

参考「ジェームズスクワイア」オフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

黒ビールの味わいとホップの風味のいいとこ取り「ヤングヘンリーズ モーターサイクルオイル」が美味い!
かなり目をひくデザイン画に目が止まったので手に取ってみたらヤングヘンリーズ モーターサイクルオイル ホッピーポーターでした。 もともとは2017年に少量で醸造されたビールでした。 人気もあり人々から要望も多かったので2018年冬限定のビールとし...

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

STOUT/PORTER ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント