リフレッシュしたいときに飲みたい「ジェームススクワイアオーチャードクラッシュアップルサイダー」がドライで上品な味わい!

 

Dr.Charles Hahn(チャールズ ハーン博士)によって立ち上げられたモルトショベルブリュワリーといえば、ジェームススクワイアブランドを擁し多種多様なビールを取り揃えるブリュワリー です。

このブリュワリーではアップルサイダーも作っています。

今回はそんなモルトショベルブリュワリーのジェームススクワイア オーチャード クラッシュ アップルサイダーを買ってみました。

ジェームススクワイアシリーズのビールはこれまでいくつか飲んできました。

どれも個性豊かでハズレのないビールたちばかりでしたからこのアップルサイダーにも期待が持てます。

JAMES SQUIRE : ORCHARD CRUSH APPLE CIDER(ジェームススクワイア : オーチャード クラッシュ アップルサイダー)

ラベルはジェームススクワイアの他のビールたちと似たようなラベルです。スタビーのネック部分にも二つのショベルがクロスした絵柄のラベルが貼られています。

アップルサイダーには次のようなストーリーがあります。

ジェームススクワイアのうっとりするような魅力を証明できる女性たちはたくさんいました。そしてキスを交わす場である彼の果樹園より愛の種をまくのはどの場所が良いのだろうか。おそらくジェームだけに限らずリンゴたちはいつも醸造家の誘惑を象徴してきたのです。

産地

ニューサウスウェールズ州 シドニー キャンパーダウン

種別

アップルサイダー

アルコール度数

4.8%

IBU

なし

テイスティングノート

香り 

開栓と同時にアップルのフルーティな香りが漂います

泡立ち

グラスに注ぐとフワーッと泡立ちますがほどなくして消えます

白く濁ったレモンジュースカラー

テイスト

飲み始めから非常にドライでシュワっとした炭酸感が心地良いです。

甘さは十分にあるのですが、くどい甘ったるい感じでなく非常に上品な味わいです。

後味もスッキリしています。

おわりに

サッパリしているので、ビールではない他の苦みのないアルコールでリフレッシュしたいときにオススメのサイダーです。

参考ジェームススクワイアのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

アルコール感を感じさせない「サマースビーアップルサイダー」はジュース感覚の甘いサイダー
仕事を終えて帰宅したあと飲み慣れたビールをプシュッと開けてゴクゴクと飲むとたまらないですよね! でも、たまにはちょっと気分を変えてリフレッシュしたいのならアップルサイダーがお薦めです。 今回はサマースビー アップルサイダーを買ってみました。 ...

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

CIDER ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント