ドライでキレのある「モーニントン ラガー」はエール系ビールに飽きたら飲みたいプレミアムラガー!

 

すこし前に飲んだMornington Peninsula Breweryのビールたちはどれもおいしく、さすがオーストラリアでも評価が高いことがわかります。

今回はモーニントンペニンシュラブリュワリー5つのコアレンジをビールの一つモーニントンラガーです。

メルボルンシティから南に少し下ったところにあるブリュワリー。

そのブリュワリーにはレストランも併設されており、伝統的なウッドファイヤーのピザもたべれるとのこと。

ピザにうまいビール、これほどマッチする組み合わせはないのではないでしょうか。

ぜひともメルボルンに行ったときには訪れてみたいブリュワリーリストのトップ間違いなしです。

MORNINGTON : LAGER(モーニントン : ラガー)

ラベルはモーニントンペニンシュラおきまりのデザインです。

与えられたカラーはシルバーですね。

産地

ビクトリア州 モーニントン

ビール種別

ラガー

アルコール度数

4.7%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り 

微かにモルトの香りが立ちこめます

泡立ち

フワフワでコシのある泡立ちです。

澄んだイエローゴールド

テイスト

勢いよくガブガブっと口に含むとモルティな香りが口いっぱいに広がります。

味わいはグラッシーでホップの苦味も十分。

それでいて後味には微かな甘みと苦味が交錯しすっと消えていく。

ドライであってキレもあるそんなプレミアムラガービールです。

おわりに

ラガーだから仕方ないが、日本でよく飲まれるスーパードライに似たいわゆるドライでキレのあるビール。

海外のエール系ビールを飲み慣れてしまったらどことなしか物足りないビールに感じるかもしれないが、ビールの出来に関しては◎。

海外にいてもやっぱり日本の飲み慣れたビールだよって人にはオススメ。

参考モーニントン ペニンシュラ ブリュワリー のオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

LAGER/PILSNER ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント