「トールボーイ&ムース シャドーバン」ラベルの見難さの割にはビールは美味い!

今回はブログ初登場のブリュワリー、トールボーイ & ムースシャドーバン ブラックIPAというビールです。

TALLBOY & MOOSE MAKE BEER : SHADOW BAN BLACK IPA(トールボーイ&ムース メイク ビア:シャドーバン ブラック IPA)

最初に見たときは見にくいラベルだなーと思いましたが、よく見てみるとラベルステッカー全体がパソコンの画面のようになっていて、いくつかのアプリケーションとウィンドウが開いた状態になった絵柄のデザインでした。

Instagramでラベルのショートムービーをアップしています。

が、今回ばかりは動画よりもステッカーを剥がした状態でみたがわかりやすいかなーと思ったりもしました。

ということでステッカーを剥がして写真を撮ってみました。

回っているより分かりやすいですね!

ブリュワリー所在地

270 Raglan St, Preston VIC 3072

ビール種別

ブラックIPA

アルコール度数

375ml、6.2%、1.8スタンダードドリンクス

IBU

製造日

2021年7月14日、Best Before:2022年4月

テイスティングノート

香り

トーストしたかのような香ばしい香り、バニラ、ダークチョコのような香りも微かに。そしてオレンジのような柑橘の香りや松の香りも感じます。

泡立ち

勢いよく注ぎすぎたのかブラウン色のフワフワの泡がグラスの淵までこんもりと立ち上がりました。ただ、きめは細やか。

光を通さないくらいの漆黒

テイスト

まず黒ビールで特徴的なダークチョコ、エスプレッソのような味わいがジワーッと広がったかと思うと、そのローストモルトから感じる苦味がホップの苦味へと入れ替わるようにして広がります。

モルトの力強いボディを感じますが、それにも負けないくらいの苦味も感じるので全体的にバランスよく作り込まれた味わい。

後味には苦味が残り続けますが、これはローストモルトから感じる焦げた感じの苦味っぽい味。

きめ細やかな泡立ちから分かるように舌触りがかなり滑らか。フルボディ。

おわりに

このビール、ラベルが面白いなーと思いながらブリュワリー名もビールタイプも確認せずに手に取ったのですが、味わいも悪くないです!

ビールの美味さとラベルデザインの良し悪しは関係ないということですね。

>>>「トールボーイ & ムース シャドーバン」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント