「シドニーブリュワリー ダルロ ダーク」ローストされた麦の旨味が楽しめるダークエール!

今回のビールはエンジョイ★ビアーズに初登場のブリュワリーのビール、シドニーブリュワリー ダルロダークです。

 

シドニーのど真ん中、サリーヒルズという地区に居を構えるシドニー・ブリュワリー

忙しいシドニーのビジネス街でゆったりとランチをとったり、疲れた仕事帰りに一杯だったり、そして夜にはライブミュージックを聴きながら美味しいビールを味わう。

昨今オーストラリアでシティライフをエンジョイするために欠かせなくなってきているのがブリュワリー・パブではないでしょうか。

 

そんなおシャレなブリュワリーパブから送られてきたダルロダーク、一体どんな味わいなのでしょうか。

SYDNEY BREWERY : DARLO DARK(シドニーブリュワリー : ダルロ ダーク)

特に絵柄などもなく、ブリュワリー名と製品名が描かれたシンプルなラベル。

ブリュワリー所在地

ニューサウスウェールズ州 サリーヒルズ

ビール種別

ダークエール

アルコール度数

4.9%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

ボトルの栓を開けるとローストされた麦の香りとかすかにチョコのような香りが漂います。

グラスに注ぐと栓を開けたときと同じようにチョコの香り、そしてコーヒーのような香りも感じます。

そしてビールを一口口に含むとエスプレッソコーヒーのような香りが鼻腔へと抜け渡ります。

泡立ち

ブラウンがかった泡が5mmほど立ち上がりますがすぐに消えてなくなります。

光を当ててかすかに透過するくらいの黒色

テイスト

まず感じるのはほのかな甘味、そしてその後にコーヒーのような風味を持った苦味が広がります。

一つ前に飲んだフェラルブリューイング ボリスに比べるとそこまでのヘビーさは感じません。

後味には甘さがまったりと残ります。

炭酸感がかなり低めで口当たり滑らかな飲み口。

おわりに

私の場合黒ビールだったらガツンとヘビーなビールが好みなので、良くも悪くも万人ウケするように少し軽めに作られたのかなと勘ぐってしまいました。

次回はぜひIPAなど他のビールも試してみたいですね。

>>>「シドニーブリュワリー ダルロ ダーク」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント