「ツーバード サマーエール サンデーズ シッパ」柑橘系の香りとモルトの旨味が絶妙にマッチしたビール!

 

ツーバード ブリューイングのビールが続きます。今回はサマーエール サンデーズ シッパ

 

ツーバード ブリューイングのビールはこれで3本目ですが、定番ビールは最初の1本だけ。

つまり、前回の「チュー タン カン NEIPA」と今回のビールは季節限定のビールということ。

ブリュワリーがあるのはビクトリア州ですから、私の住むクイーンズランド州で手に入れることができたのはある意味ラッキーだったのではないかと思います。

 

TWO BIRDS BREWING : SUMMER ALE SUNDAZE SIPPAH(ツーバード ブリューイング : サマーエール サンデーズ シッパ)

こちらもカラス(?)が描かれているラベルデザイン。

「チュー タン カン NEIPA」と違うのはツーバードのロゴが描かれているビー玉のような球体をクチバシの上に乗せていること。

ラベルのカラーがピンクとイエローで「チュー タン カン NEIPA」とは違うことがすぐにわかります。

ブリュワリー所在地

ビクトリア州 スポッツウッド

ビール種別

エール

アルコール度数

5.0%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けると柑橘系の香りとピーチのような甘い香りを感じさせてくれます。

そしてビールをグラスに注ぐとレモンのように酸味のあるイースティな香りを感じます。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りはそれまでのフルーティな香りが消え、麦の香りがフワッと広がります。

泡立ち

少し粗めで真っ白な泡が2cmほど立ち上がります。

ほんのわずかに濁りのあるゴールドカラー

テイスト

ビールを口に含んでからの味わいはそのフルーティな香りとは裏腹にモルトの味わいがジワっと広がります。

それと同時にホップの旨味もしっかりと感じ取ることができ、ホップとモルトのバランスが上手く取れた味わい。

後味は思いのほかスッキリしており、かなり飲みやすいタイプ。

カーボネーションはミディアムから少し低め、バブル感もそこまでなく口当たり滑らかにスルスル飲めます。

おわりに

プルタブを開けてからフルーティな香りだったのでビールを口に含んでからモルトの旨味がジワッと広がったのには驚きました。

IPAのようにトゲのあるホップの味わいではなく、まろやかなタイプなので万人ウケするビールかなと。

>>>「ツーバード サマーエール サンデーズ シッパ」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント