モルトの旨味を味わえる「ファットヤック オリジナルペールエール」はBBQの前菜で飲みたいビール!

 

マチルダベイブリューイングカンパニー(Matilda Bay Brewing Company)第二次世界大戦後にできたマイクロブリュワリーの中では最も古く、現在はビクトリア州のダンデノンサウスに本拠地を置いています。

もともと1984年西オーストラリア州のフリーマントルで創業され、地元のSail and Anchor Hotel(セイルアンドアンカーホテル)に卸すためだけに最高のビールを醸造するブリュワリー。

成長著しくその5年後の1989年には本格的な醸造所を立ち上げるまでに至ります。

とにかくこのブリュワリーの造るビールは他の一般的なビールとは一線を画しおり、ユニークながらも丁寧に作り込まれたビールはだんだんと広く知られることになるのです。

残念なことに1990年代にオーストラリアビール界の雄カールトンアンドユナイテッドブリュワーズに買収されてしまいます。

余談ではありますが、2000年このブリュワリーを立ち上げたオリジナルメンバーが同じ西オーストラリア州のフリーマントルでLITTLE CREATURES BREWERY(リトルクリーチャーズブリュワリー)を創業したのは有名な話です。

YAK BREWING : FAT YAK ORIGINAL PALE ALE(ヤック ブリューイング : ファットヤック オリジナルペールエール)

緑色のYAK(リギュウ:中央アジア産の野牛)の頭の絵がトレードマークです。

全体的にはシンプルにまとめれており緑色が製品として認知されているようです。

スタビーには「Matilda Bay」の刻印がされています。

産地

ビクトリア州 ダンデノンサウス

ビール種別

(ノースアメリカンスタイル)ペールエール

アルコール度数

4.7% フルストレングス

IBU

25

テイスティングノート

香り

フルーティかつ何か植物系の香りがします。

泡立ち

フワフワの泡立ちですがしばらくするとボワボワになり消えていきます

少し赤みがかった黄金色

テイスト

とにかく口に含んだ時の香りがフルーティ

そして結構なモルトの甘みを感じることができます。

後味にほとんど苦味は残らず甘みの方を強く感じます。

おわりに

フルーティで口当たりがよいビールです。

オーストラリアの家庭でよく行うBBQ(バーベキュー)の前菜などをつまみながら飲みたいビールです。

オーストラリアで友人宅のBBQに誘われた時にはぜひ一度持って行ってみてください!

参考ヤックエールオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

PALE ALE ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント