「イーサー イベント ホライゾン」ベルベットのような舌触りでバランス良いポーター!

今回はイーサー ブリューイング イベント ホライゾン ポーター

以前ポーターとスタウトの違いはこちらの記事で紹介した通り、麦芽化せずに焙煎した大麦(ローストバーレイ)を使用しているかどうかの違い。

ラガーとエールの味わいが違うように、ハッキリとした違いがわかれば良いのですが同じ黒ビールなのでその違いが曖昧です。

個人的にはスタウトの方が味も濃く飲み口がヘビーに感じているのですが、明確な違いを舌で感じ取るのは難しいかなと。

とにかく飲んでみましょう。

スポンサーリンク

ビール詳細

AETHER BREWING CO. : EVENT HORIZON PORTER(イーサー ブリューイング : イベント ホライゾン ポーター)

こちらも新しいデザインのラベル。それにしてもイーサーブリューイングってガイコツが好きですね。

ラベルの全体像はInstagramのショートムービーでどうぞ。

 

View this post on Instagram

 

Event Horizon Porter @aether_brewing #porter #aetherbrewing #australiancraftbeer

A post shared by Enjoy★Beers🍻 (@australian_beer_label_360) on

ブリュワリー所在地

340 Melton Rd, Northgate QLD 4013

ビール種別

ポーター

アルコール度数

6.5%、スタンダードドリンクス

IBU

42

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとビターチョコのような香りを感じます。

ビールをグラスに注ぐとローストされた麦の香りとビターチョコの香り。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りはローストモルトの香りですがちょっと焦げ臭も感じます。

泡立ち

ビールの表面3mmほどを覆うくらいでほとんど泡立ちません。

かなり黒色に近いダークブラウン

テイスト

ローストされた麦の風味がふんわりと口中に広がりますが、ほんの少し焦げ臭を感じます。

また、ほんのりと甘さも感じ取ることができ、苦味とのバランスもちょうど良く取れています。

後味はかなりスッキリしており全く癖がない感じ。

カーボネーションはほとんど無いに等しく、濃厚さは感じられず軽い飲み口。

そして泡立ちはそこまで良くありませんでしたがベルベットのように滑らかな舌触り。

おわりに

スタウトに比べるとかなり軽い飲み口でサラッと飲めてしまいます。

なのでガツンとくるヘビーなスタウトを求めている人なら飲み足りなく感じるかもしれません。

>>>「イーサー イベント ホライゾン」に似たビール

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

STOUT/PORTERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント