【再レビュー】「バリスティック オークドエール」熟成樽の風味が美味いビール!

今回はバリスティックビア ザ グランドファーザー オークドエールです。

買ったものは仕方ない、早速飲んでみます。

BALLISTIC BEER CO. : GRANDFATHER OAKED ALE(バリスティックビア : ザ グランドファーザー オークド エール)

以前に飲んだビールのラベルと違い、「進ぬ!電波少年」の電波少年的懸賞生活に出ていた「なすび」を思わせるかのような絵柄のラベル。

ラベル全体像はInstagramにショートムービーをアップしているのでそちらでどうぞ!

使用モルト:Marris Otter、Murora、Munich、Wheat、Light Crystal Special B

使用ホップ:Columbus

使用イースト:London English Ale

ブリュワリー所在地

53-55 McCarthy Rd, Salisbury QLD 4107

ビール種別

エール

アルコール度数

7.0%、2.1スタンダードドリンクス

IBU

40

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとウィスキーやバーボンのような樽で熟成されたような香り、そして微かにコーヒーのような香り。

ビールをグラスに注ぐと樽の香りはなくなりましたがコーヒーのような香り。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは樽で熟成された香りとバニラのような香り。

泡立ち

ブラウンがかった色のクリーミーな泡が5mmほど

ダークコッパーカラー

テイスト・感想

オーク樽での熟成された風味がフワッと広がり、その後にバニラのような風味とトフィーのような甘い風味に変わっていきます。

ただ、そんな甘っぽい風味に負けないくらいホップの苦味も効いており、後味の前まで苦味が続き最後までモルトの甘味が残る感じ。

カーボネーションは弱めですが、微かにアルコール臭を感じ結構ヘビーなボディ。

時間が経つにつれてアルコール臭が強くなる印象です。

おわりに

使用されているモルト、ホップ、イーストが違っていますが、オーク樽で熟成された味わいは変わっていません。

そして、ゆっくりと時間をかけて飲むとこのビールの旨さを実感できることになります。

>>>「バリスティック オークドエール」に似たビール

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント