「バルター ハンサム エルビス」苦味と甘味がバランス良いベルベットな口当たりのスタウト!

 

今回は昨年2019年に飲もうと思っていて飲み逃したビール、バルター ハンサム エルビスです。

ちょうど1ヶ月前になるんですが、7月17日に購入したとTwitterでつぶやいてる。。。

ここ最近体調悪くてビールは飲めず、ビールが飲めないということはブログもかけず。。。

 

体調も回復しつつあるので早速飲んでみました。

BALTER : HANDSOME ELVIS(バルター : ハンサム エルビス)

黒の3本ハチマキとELVISと描かれているシンプルなスタイル。スタウトなので黒で統一されているのでしょうかね。

2019年のプロモーションビデオがありました、ご覧ください。

バルターのビールたちのそのほとんどがカラフルですがシンプルなデザインで、特に凝ったデザインのものを見た事がありません。

そんなシンプルなデザインですが、全体像はInstagramのショートムービーでどうぞ。

 

View this post on Instagram

 

Handsome Elvis @balterbrewers #handsome #elvis #balterbrewers #australiancraftbeer

A post shared by Enjoy★Beers🍻 (@australian_beer_label_360) on

ブリュワリー所在地

14 Traders Way, Currumbin Waters QLD 4223

ビール種別

スタウト

アルコール度数

6.5%、1.9スタンダードドリンクス

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けるとダークチョコ、エスプレッソの香り。

ビールをグラスに注ぐと泡で覆われているのでそこまで香りが立ちません。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは強いダークチョコの香り。

泡立ち

窒素が充填されているのでそのきめ細やかな泡がシュワっと上に上がってきます。

ブラウン色でかなりキメの細やかな泡が1.5cmほど立ち上がります。

光を投下しない黒

テイスト

ローストされたモルト、そしてキャラメルのような甘味が絶妙にマッチしており苦すぎず甘すぎない。

後味には苦味が少しだけ残りますが、最後までずっとというわけではなくクドくない。

飲み口もこれまでに飲んだミルクスタウトに比べると比較的軽めのミディアムボディで、口当たりは泡を見てもらえば一目瞭然でかなり滑らか。

かと言って薄っぺらい味わいかというとそうではなく、じっくりと味わえるコクのある味わい。

おわりに

ローストモルトの風味、甘味がバランスよく飲み口軽やかなスタウト。

ガツンとくる苦味はないけどまろやかで万人受けするするだろうなというイメージ。

>>>「バルター ハンサム エルビス」に似たビール

 

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

STOUT/PORTERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント