「ブリックレーン ワン ラブ」ホップとモルトのバランスが良くトラディショナルな味わいのペールエール!

少し前にブリックレーン ブリューイングのホスピタリティ業界を支援するコラボビールを紹介しました。

これを除くと同ブリュワリーのビールは1本しか飲んでいません。

という事で、今回は他のビールも試したみたくなり早速ワン ラブ ペールエールを購入してきたので飲んでみたいと思います。

BRICK LANE BREWING : ONE LOVE PALE ALE(ブリックレーン ブリューイング : ワン ラブ ペールエール)

黄色で統一されており、メルボルンシティ?を思わせるかのようなビル群が描かれていますね。

まぁ、あまりお洒落とは言い難いラベルです。

Instagramでショートムービーもアップしていますのでよければご覧ください。

使用モルト:Pale、Wheat、Rolled Unmalted Wheat

使用ホップ:Centennial、Amarillo、Mosaic、Galaxy

使用イースト:Chico

ブリュワリー所在地

41 Imagine Way, Dandenong South VIC 3175

ビール種別

ペールエール

アルコール度数

4.4%、スタンダードドリンクス

IBU

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとグレープフルーツ、ピーチのようなフルーティな香り。

ビールをグラスに注ぐとフルーティさはなくなり、酸味を感じさせるイースティな香り。

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは甘味、そして微かな松の香り。

泡立ち

真っ白でちょっと粗めの泡が1cmほど立ち上がりますが、程なくして消えます。

濁りのあるゴールド

テイスト

モルトのほのかな甘味と共に柑橘系の風味のあるホップの味わいがジワっと広がります。

その甘さはカラメルのような甘さで、ホップの味わいを邪魔しないくらいにバランスが取れています。

甘さがあるのに後味は意外なほどスッキリとしていて飲み口軽やかに感じます。

ミディアム-ハイなカーボネーションで、いわばベーシックでトラディショナルなペールエールのような味わい。

おわりに

ブリックレーン ブリューイング、このブログでもほとんど紹介していませんが結構作り込んでるビールだなという印象でした。

今後も見つけたら順次飲んでいこうと思います。

>>>「ブリックレーン ワン ラブ」に似たビール

 

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ビールを飲むPALE ALE
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント