「リトルバング フィフティ ダルリンプル」パンチがあってリッチなホップの旨味を味わえるWIPA!

このブログでまだ2本しか紹介していませんが、ラベルがかなり印象に残っているリトルバング ブリューイング

今回はそのブリュワリーのフィフティ ダルリンプル ダブルIPAです。

早速飲んでみましょう。

スポンサーリンク

ビール詳細

LITTLE BANG BREWING CO. : 50 DALRYMPLES DOUBLE IPA(リトルバング : リトルバング フィフティ ダルリンプル ダブル IPA)

アメリカ紙幣のような絵柄が描かれているラベルデザイン、すぐ目に留まります。

このラベル、ブリュワリー名がプリントされた黒缶にステッカーが貼り付けられているタイプです。

ステッカータイプだとどうしても安っぽく見えてしまうのですが、このビールはステッカータイプのラベルで正解だと思います。

缶の全体像はInstagramのショートムービーでどうぞ。

 

View this post on Instagram

 

50 Dalrymples Double IPA @littlebangbrewing #doubleipa #littlebangbrewing #australiancraftbeer

A post shared by Enjoy★Beers🍻 (@australian_beer_label_360) on

ブリュワリー所在地

25 Henry St, Stepney SA 5069

ビール種別

インペリアルIPA

アルコール度数

8.5%、スタンダードドリンクス

IBU

79

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとグレープフルーツのようなフルーティな香り。

ビールをグラスに注ぐと泡に隠れてかそこまで香りを感じません。

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りはカラメルのような甘い香りに微かに松脂のような香りも感じます。

泡立ち

クリーム色のフワフワの泡が2cmほど立ち上がります。

微かに濁りのあるオレンジアンバーカラー

テイスト

かなりモルティでカラメルやトフィーのような甘さが最初目立ちますが、その後パンチ力のあるホップの苦味がジワジワと広がります。

リッチなモルトの味わいの中に少しだけスパイシーさも感じ、そして後味にはその苦味がずっと続きます。

アルコール度数は8.5%と高めですが、アルコール臭さを感じさせない仕上がりになっています。

カーボネーションはかなり低め、ミディアムヘビーなボディ。

おわりに

パンチのある苦味とリッチなモルトの味わいが上手く融合しているかのようなWIPAです。

アルコール臭もさほどなくジックリと味わって飲む事ができますが、WIPAを初めて飲む人には苦すぎかなぁ。。。

>>>「リトルバング フィフティ ダルリンプル」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IIPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント