「ウィリー ザ ボートマン ネクター オブ ザ ホップス」若干まったりとした味わいのNEIPA!

今回はウィリー ザ ボートマン ネクター オブ ザ ホップスというビール。

WILLIE THE BOATMAN : NECTAR OF THE HOPS NEW ENGLAND IPA(ウィリー ザ ボートマン : ネクター オブ ザ ホップス ニューイングランド IPA)

以前に飲んだコーンエールとさほど変わらないラベル。

書体の違うアルファベットで文章が書かれており、真ん中にはピラミッドのような絵柄。この絵柄が前後2面プリントされています。

全体像はInstagramのショートムービーを見ていただくとさらにイメージが湧くと思いますので、是非どうぞ。

ブリュワリー所在地

Precinct 75 Suite 601, 75 Mary St, St Peters NSW 2044

ビール種別

ニューイングランドIPA

アルコール度数

375ml缶、5.8%、1.7スタンダードドリンクス

IBU

製造日

Best Before:2021年8月

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとオレンジのような柑橘の香り、ピーチ、マンゴー、パイナップルのようなトロピカルフルーツ、そして松の香りも微かに感じます。

ビールをグラスに注ぐと泡に隠れてか松の香りが微かに。

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは松の香りとカラメルのような甘い香りもわずかに微かに感じます。

泡立ち

かなり粗めの泡がグラスの淵までこんもりと泡立ちます。

かなり濁りのあるオレンジ。

テイスト・感想

カラメルのような風味を含んだ甘味を真っ先に感じます。

そして、そのすぐ後にジューシーかつトロピカルな風味とほんのりと苦いホップの旨味が広がります。

後味はスッと引いていきます。ただ、苦味よりも甘味が残りるのでラガーなどの”キレがある”とはちょっと違う感じです。

炭酸感はかなり低め、柔らかな口当たりとジューシーさも相まって飲みやすいビール。

おわりに

飲みやすいけど、ネクターとあるように甘味があるので若干まったりとした味わいに感じるビール。

ここ最近飲んでるNEIPAは甘いビールが多い気がするけど、私の味覚が少し変わったのかなぁ。。。

>>>「ウィリー ザ ボートマン ネクターホップス」に似たビール

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

NEIPA/HAZY IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント