「オールイン イニシャリズム」ヘビーなのにしっかりとした苦味でバランス良いハイアルコールビール!

今回はオールイン ブリューイングのリミテッドリリースビール、イニシャリズム QDHNEIIIPAというビール。

この「QDHNEIIIPA」というアルファベットの並び、何の意味があるんだろうと思ったら「Quadruple Dry Hopped New England IIIPA」でした。

要は4回ドライホッピングを施したニューイングランドIPAってことですね。

では早速、プシュッとな。

スポンサーリンク

ビール詳細

ALL INN BREWING CO. : INITIALISM QDHNEIIIPA(オールイン ブリューイング : )

トランプをイメージしたかのようなラベルのデザインは同じですが、背面に描かれていた地図のような絵柄はありません。

「LIMITED RELEASE BEER」と表記があるので買わずにはいられません。

全体像はInstagramの360°ショートムービーを見ていただくとよくわかります、是非!

ブリュワリー所在地

189 Elliott Rd, Banyo QLD 4014

ビール種別

NEIPA/HAZY IPA

アルコール度数

375ml、11.1%、3.3スタンダードドリンクス

IBU

製造日

パッケージ日:2021年2月21日

Best Before:2021年8月21日

試飲日:2021年3月

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとマンダリン、パッションフルーツ、ネクタリンのような香り。

ビールをグラスに注ぐとレモンのような爽やかな香り

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りはトフィーやハチミツを思わせる甘い香り。

泡立ち

ほとんど泡立ちません。

濁りのあるオレンジ

テイスト

まずはモルティで甘い味わいが先に広がり、その後フルーティでジューシーなホップの味わいが広がります。

4回もドライホップをしているためか、かなりヘビーなボディにも関わらずしっかりとした苦味が感じられます。

後味は少し甘ったるい感じの味わいが舌に残ります。

かなりの微炭酸で舌触りは滑らか、そして不思議とアルコール臭をほとんど感じません。

おわりに

このブログでも10%を超えるハイアルコールのビールはいくつか紹介していますが、久しぶりに11.1%というビール。

もうこれはガブ飲み出来るわけもなくチビチビ、チビチビと味わって飲んでもアルコールが回り、半分くらいでかなり酔っ払ってしまいました…

>>>「オールイン イニシャリズム」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

NEIPA/HAZY IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント