「グラニートベルト アイリッシュ レッド エール」苦味をほとんど感じさせない甘ったるいビール

今回はグラニートベルト ブリュワリー アイリッシュ レッド エールです。

これまでエンジョイ★ビアーズでも様々なビールタイプが登場していますが、アイリッシュエールというビールタイプは初めての登場です。

アイリッシュ ビールというとどうしてもスタウトなど深い味わいのあるビールをイメージしがちちなのですが、みなさんどうでしょうか。

ブリュワリーではアイリッシュ メルローというかなりヘビーなビールを試飲してきましたが、このアイリッシュ レッド エールもそんな感じの味わいなのでしょうか。

ビール詳細

GRANITE BELT BREWERY : IRISH RED ALE(グラニートベルト : アイリッシュ レッド エール)

髭もじゃのおじさんがパイプをくわえてビールジョッキを持っている絵柄のラベル。

アイリッシュという名前の通り、カラーはグリーンで統一されています。

ブリュワリー所在地

クイーンズランド州 スタンソープ

ビール種別

エール

アルコール度数

4.9%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けるとかすかに麦の香りを感じる程度。

そしてビールをグラスに注ぐとレモンのような酸味を感じさせる香りを感じます。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは酸味はなく、トフィーのような甘い香り。

泡立ち

ブラウンがかった色合いの泡が1cmほど立ち上がりますがほどなくして消えます。

クリアーなダークコッパーカラー

テイスト

まずとにかく甘さが前面に出ており、最初にホップの苦味は全く感じません。

甘さはカラメルのような甘さで、甘さが引くと隠れていた苦味がちょっとだけ顔を出す感じです。

後味はその甘さがまったりと残ります。

カーボネーションはかなり低めで、キメの細やかなバブル感が舌触りをかなり滑らかにしています。

おわりに

ホップの旨味を期待して飲むと全くの期待外れに終わります。

でも、これってヨーロッパ系の人にとっては好まれる味わいなのでしょうか、今流行りのIPAに飽きたらこういったビールに戻ってみるのも良いかもしれませんね。

>>>「グラニートベルト アイリッシュ レッド エール」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント