アルコール臭さを全く感じさせない「ストッケイド シックスティーン ビット」ジューシーでまろやかな苦味が美味いDIPA!

クラフトビールファンでボトルショップ(酒屋)で違う種類のビールを一本ずつ買っている人に質問です!

ボトルショップで冷蔵庫に並んでいるビールのラベルを見ていて、「あっ、このビールってもしかして前に飲んだことのある〇〇ブリュワリーのかも?」って思うことがありませんか?

私もエンジョイ★ビアーズを始めてこれまでに300本以上のビールを飲んできたのでラベルデザインを見てどのブリュワリーのビールなのかピンとくることがあります。

 

今回のストッケイド シックスティーン ビット インペリアルIPAはラベルと製品名の16bitでストッケイドの8bit IPAをすぐに連想しました。

 

さて、味わいの方はどんな感じなのでしょうか。

STOCKADE BREW CO. : 16 BIT IIPA(ストッケイド : シックスティーン ビット インペリアルIPA)

ラベルはコーン畑?が炎で焼かれているところにホップの格闘家?それともホップモンスター?が現れている絵柄のデザイン。

以前飲んだ8bit IPAは、初期のボトルデザインはグラサンをかけたホップスーパーマンで、次のデザインがコーン畑?のようなデザイン、そしてこの16bitはそのその敵なんでしょうか? 笑

もちろん8bitと同様に絵柄はマス目に色付けられていて絵柄はカクカクです。

使用ホップ:Cascade、Centennial、Citra

使用モルト:Pilsen、Rye

ブリュワリー所在地

ニューサウスウェールズ州 マリックヴィル

ビール種別

インペリアルIPA

アルコール度数

9.0%

IBU

80

テイスティングノート

香り

ボトルの栓を開けるとピーチ、パイナップル、マンゴーのようなトロピカルフルーツの香りが強く漂います。

グラスに注ぐとパインニードルのような香りに加えて、カラメルのようなモルトの香りが強く立ちこめます。

そしてビールを一口口に運ぶと最初に感じたトロピカルフルーツのような香りが鼻腔に抜け渡ります。

泡立ち

キメの細やかなベージュ色の泡が指半分くらい立ち上がります。

かなり濁ったオレンジアンバーカラー

テイスト

まず感じる飲み口はジューシーで、ホップの旨味が口中にブワッと広がります。

ダブルIPAなのでホップの苦味は強烈ですが、その強烈な中にもどこかまろやかさを感じさせます。

苦味が引くにつれてジワジワとモルトの濃い味わいも顔を出してきます。

後味にはやはり苦味が残り、いわゆるドライフニッシュです。

カーボネーションは低めて、キメの細やかなバブル感が口当たりをソフトにしています。

おわりに

コレはジューシーで美味い!

アルコール度数が9.0%もあるのにそれを全く感じさせない香り、そして飲み口。

ぜひホップヘッズには飲んで欲しい一本です!

>>>「ストッケイド シックスティーン ビット」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IIPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント